学会発表

当協会の提携 研究機関である「日本ヘッドケア研究所」は、教育機関である 「L.C.I.C.I.JAPAN」、「日本ヘッドケア研究所付属 自然療法アカデミー」の技術を検証し、積極的に学会発表を行なっております。

安全性と有用性に関する研究や、学会発表を積極的に行っております。


第19回日本統合医療学会 山口大会

ヘッドケアによる筋膜リリースの可能性の予備的検討:経絡テストにおける関節可動域の増大

第25回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会
ヘッドタッチケアによるオフィスでの 不安・緊張と疲労感の改善効果


第37回日本アーユルヴェーダ学会
介護の職場におけるヘッドタッチケアによる 不安・緊張と疲労感の改善効果
 ヘッドタッチによる職場の気分の変化


第35回日本アーユルヴェーダ学会
頭部ケアによる心身の変化


第33回日本アーユルヴェーダ学会発表
マルマ療法としてのインディアンヘッドケア


2013年 日本看護科学学会
『臥位でのヘッドトリートメントが心理面に及ぼす影響』

室田昌子、西田直子教授(京都府立医科大学医学部看護学科)ら
※本研究は平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
(基盤研究(C)24593228)の助成により行われた。


京都府立医科大学看護学科紀要 第22回(2012.12)

(文部科学省の科学研究費助成事業からの研究費にて)
『リラクセーション法としてのヘッドトリートメントの臨床への活用の検討』

室田昌子1),西田直子1),北島謙吾1),岩脇陽子1),山本容子1),上馬場和夫2), 松本賢哉帥3),宮崎陽子4),内谷浩一5),伊藤栄見子5)

  1. 京都府立医科大学医学部看護学科
  2. 帝京平成大学東洋医学研究所未病部門
  3. 京都橘大学看護学部
  4. LondonCentreoflndiallChanll)issagelntemationalJAPAN
  5. 京都府立洛南病院

2010年 日本統合医療学会徳島大会
『歯科医療におけるヘッドケアの効果の検討』

 


第32回日本アーユルヴェーダ学会広島研究総会
『インディアンヘッドケアの日本における有用性』

 


 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ